敷金を少しでも取り返す為には!賃貸の利用注意点

傷や汚れなどをつけない事

賃貸を利用する際に、傷や汚れなどを極力つけないようにする事で、敷金が多く戻ってくる可能性を高める事ができるんですよね。綺麗な状態で、退去する事ができれば、リフォームをする必要がないので、多くの敷金が戻ってきます。傷や汚れに関しては、丁寧に利用していけばかなり回避する事ができるんですよね。このように敷金を多く取り戻したいと思っている方は、傷や汚れをつけないので、出来る限り綺麗に扱う事で、実現する事ができますよ。

予め証拠を画像や動画で残す事

自分が利用している際に付けてしまった汚れや傷ではない場合、画像や動画を残す事でしっかりと証明をする事ができるんですよね。現在では最初の段階で、賃貸を利用する際に携帯電話やスマートフォンを使用して画像や動画を残している事がほとんどです。決して難しくはないのですが、細かい所までしっかりと証拠として残しておかないといけないですよ。そうしないといざという時に活用する事ができないので、細かい所まで証拠として残す事が大切ですね。

悪質な業者もしくは大家を避ける事

悪質な業者もしくは大家の場合には、敷金のお金を極力戻さないように何かしらの対策を行ってきます。そこで悪質な業者や大家を避ける事で、多めの敷金を賃貸退去時に手に入れる事ができるんですよね。今ではそこまで悪質な業者や大家も少なくなっています。しかしある程度気を使っておかないと悪質な業者や大家に巻き込まれてしまうかもしれないです。そのような状況にならないように、賃貸契約時の前に判断をしておかないといけないですね。

賃貸物件を契約する場合は昼間だけでなく、できれば夜間の周辺環境も見て物件の検討をすることが大事です。

マンションの価値は何で決まる?立地とサイズと管理がポイント

マンションの価値は立地が大切

新築マンションであれ中古マンションであれ、マンションを購入しようと思ったら、自分がどこでどんな生活をしたいかをイメージしながら物件を探すのが普通でしょう。しかし、その観点だけで購入を決めてしまうのはリスクがあるといえるでしょう。それが終の棲家ということであればそれでもいいですが、多くの場合、いつかは売却することになります。その時にものを言うのはマンションの立地です。建物の価値は下がっていきますが、土地の価値はその立地が握っているといえるかもしれません。

マンションの価値に影響がある部屋のサイズ

マンションを購入する時に必ずチェックするのが間取りと専有面積ではないでしょうか。自分達の家族構成と生活パターン等から十分な広さが確保できるか、間取りはフィットしているかをチェックして物件を選ぶのが普通でしょう。しかし、将来売却をする段階になった場合、あまり小さな専有面積の物件は思ったような価格がつかない可能性があると言われています。そのため、将来の売却時に損をしないためにも、あまり小さな専有面積の物件は避ける方がいいかもしれません。

マンションは管理を買えとも言われている

マンションを購入する場合、立地や建物のグレード、間取り等はしっかりチェックするはずですが、こういったハード面だけでなく、マンションの管理といったソフト面もしっかり確認する必要があるでしょう。マンションの管理が行き届いている物件は、住人のモラルも高く、定期的な修繕も計画的に行われるため資産価値が下がりにくいと言われています。マンション購入の際は、管理レベルをチェックすることも大切なポイントになるでしょう。

函館のマンションを探すポイントは今後の生活の拠点として便利な場所を選び、間取りや価格などを比較して決める方法が最適です。

1 7 8 9 10