畳の大きさに基準てあるの?畳の大きさや種類

畳の広さには規格がある

間取り図を見ると、部屋の広さが表記されていますよね。でも、たとえば6畳という場合、これは畳6枚分の広さということになりますが、ここに畳1枚分の広さの基準がなければ、畳数による広さの表示にも違いが出てきてしまいますよね。洋室6畳と聞いて、それなりの広さを想像していたのに、いざ実際に見てみるとそれほどでもないなと感じたことってありませんか?実のところ畳の広さにも、いろいろな規格というものが存在するのです。

畳の広さのいろいろな規格

畳の広さの企画にはいろいろなものがありますが、基本的に地域別に規格が多少なり違ってきています。たとえば、京都を中心とした関西圏では、京間や本間と呼ばれる関西特有の畳の企画が存在します。京間や本間の畳は、全国の畳の規格の中でももっとも広い面積を有した畳です。いっぽう、関東圏の畳の規格のことを江戸間とか関東間とか言ったりします。江戸間や関東間は関東を中心に広がる畳の企画で、京間などと比べると少し小さめです。

しっかりと確かめることが大事

畳の規格によって、部屋の広さも少なからず変わってきてしまいます。間取り図だけで判断して、内見など実際に見ないで契約をしてしまうと、後になって家具などが置けないなんてことにもなりかねません。特に関東と関西では畳の規格が大きく違っている地域もあります。関東からは関西へ、あるいは関西から関東へ引越しをするような場合、賃貸物件を探すときには必ず自分の眼で見て確かめてから契約をするようにした方が安心ですね。

札幌市白石区の賃貸物件に関する情報をお求めの方はインターネットの不動産サイトを活用するのが効率的です。

失敗しない!賃貸住宅を選ぶ際の見るべきポイントとは?

室内が綺麗は当たり前!共用部分もしっかり見る

新しい引越し先の賃貸物件を下見する際に、室内だけをチェックして終わっている方は少なくないですよね。室内が綺麗になっているのは最低条件で当たり前です。共用部分を見る事で管理会社やオーナーさんが物件を大切にしているかどうかを判断する事が出来るんですよ。集合ポストのゴミ箱にゴミが溜まっていたり、廊下の電灯が切れたままにされていたりと細かな箇所をチェックする必要があります。共用部分まで綺麗になっている物件が良いと言えるでしょう。

周辺の環境のチェックポイントとは?

男性女性を問わず、虫が苦手な方は多いですよね。なるべく虫に遭遇しない環境の物件は年代を問わず高い人気があります。物件の1階部分に飲食店が入居している物件やコンビニやスーパーがある物件では、やっぱり虫が出る事が多くなっています。また、契約しようと思っている物件に隣接している建物も確認しておく事が大切となっています。放置されている植え込みがある場合や地域周辺のゴミ捨て場から近いといった物件には気を付ける必要があるんですよ。

女性の方が重視するポイントとは?

女性の一人暮らしの方は、セキュリティ性を重視する方が多いですよね。オートロック付きのエントランスや様々な場所に防犯カメラが設置されている不審者が入りにくい環境が整えられている賃貸物件は高い人気となっています。万が一の場合に頼りになる事から管理人の方やオーナーさんが在駐している物件も需要が増えているんですよ。また、女性しか入居する事ので出来ないレディースマンションといった女性の方が安心して暮らす事の出来る環境となっている物件もあります。

道路が碁盤目状に整備されていて、地下鉄などの鉄道も充実している札幌は、商業施設や医療機関も多いので生活しやすい都市となっています。そのため、札幌の賃貸マンションは生活環境が整っています。

1 6 7 8 9 10