知っておきたい!賃貸の更新料についての基礎知識

そもそも更新料とは?

更新料とは、賃貸契約を更新するときに支払わなければならないお金のことです。一般的には、契約期間である「2年ごと」に支払う必要があるという場合が多く、その金額は「家賃の1ヶ月~2ヶ月分」が相場だと言われています。なので契約期間が終了する時期に合わせて貯金をするなどして、更新料に当たる額を用意しておく必要があるでしょう。また、契約期間内に新しい住居に引っ越すなどして契約更新を行わなければ、当然のことながら更新料を支払う必要はありません。

更新料についての注意点

更新料の注意点としては、「契約期間が1日でも過ぎれば更新料を支払わなければならない」ことがまず挙げられます。つまり契約期間を超えて住み続ける場合は、契約更新の手続きを行わなければならないため、自動的に更新料の支払いもしなければならなくなるということです。家賃については日割り計算というものがありますが、更新料については規定額を全額支払うのが原則になっています。また、不動産屋へ支払う「更新事務手数料(1万~数万円程度)」という名目のお金が別に掛かる場合もあります。

更新料が不要な物件や地域

更新料が不要な物件としては、都市公団のものや「住宅金融公庫融資物件」などがあり、そのような物件では礼金も不要になります。ただし住宅金融公庫融資物件については、ファミリータイプのものが多く、一人暮らし用が少ないという傾向があります。また更新料が必要な地域は関東圏や東海圏であり、「関西圏ではその習慣がない(更新料が不要)」と言われていますが、同じ関西圏でも、京都では更新料が1ヶ月~2ヶ月分掛かると言われています。

札幌の賃貸マンションは、ローンの審査もなく防犯セキュリティもしっかりしているので、気軽で快適に暮らしを送ることができます。