注文住宅を建てる時にかかる費用について考えてみよう!

多くの人にとって憧れの注文住宅

注文住宅は昔から人気がありますね。できれば、自分の住む家は自分が設計した家に住みたいと思うでしょう。特に、家の中で行う趣味を持っている人であれば趣味の部屋を造ったり、あるいは、料理にこだわりがある人であれば料理をしやすい配置のキッチンを考えるでしょう。また、庭で花を育てたい場合にはできるだけ日当たりのいい場所に庭のスペースをとるのではないでしょうか。このように、こだわりがあればあるほど注文住宅を建てることが大きな希望に見えてくるのです。

意外なところで費用がかかる!?

注文住宅は理想通りの住宅にしたいという人にとってはとても魅力的な建物ですが、その一方で、理想に近づければ近づけるほど予算がかかってしまいます。例えば芸能人が10億円で豪邸を建てたという話がよくありますが、欲を前面に出すとかなりのお金がかかるということです。もちろんこれは極端な例ですけどね。例えば40坪の土地を買ってこだわりの注文住宅を建てるならば、建物だけで4000万円は超えてしまうことがあります。

平均的にはどれくらいの費用?

では、そもそも平均的にはどれくらいの費用が掛かっているのでしょう?この国全体の注文住宅の建物の平均金額としては2800万円と言われています。もちろんそれが都心部なのかそれとも片田舎なのかによって変わってきますが、2100万円~3800万円とその土地によって1000万円以上の価格の広がりがあります。さらに土地代と諸費用300万円近くがかかりますので、その点も予算オーバーにならないように計画を立てるべきですね。

注文住宅を建てるにはハウスメーカーや工務店に依頼する事が必要になります。どちらも設計・施工を請け負っています。