賃貸アパート経営をする場合の儲けの指標とは?純収益の利回りを知っておこう

簡単な賃貸アパート経営の利益の指標

賃貸アパート経営をする場合、更地に建物を建てるところから始めることもありますが、中古アパートを買い取って経営を始めるという選択肢もあります。多くの場合、そういった中古物件は、現時点での入居状況や、家賃収入、売却価格と言った情報であれば簡単に手に入れることができます。賃貸アパート経営をするために物件を選ぶ時の指標のうち、最も簡単なものは、年間家賃収入を売却価格(投資額)で割ったものでしょう。これであれば簡単に算出することができるはずです。

最も気にすべき利益の指標とは?

家賃収入を売却価格で割ることで出すのはあくまで簡便的な指標です。本格的に賃貸アパート経営をするのであれば、純収益の利回りを知る必要があります。家賃収入が入ってきても、修繕費や固定資産税など出て行ってしまうお金もあるでしょう。そういった支出を加味したネットの利益を投資額で割った純利益率をしっかりみていくことが、賃貸アパート経営の基本だと言われています。これは普通の事業会社の純利益率の考え方と同じです。

複数の物件をマネジメントする場合は利回りが大切

特に、複数の賃貸アパートを経営している場合はこの純収益の利回りに注目して経営していくことが必要でしょう。ある物件の家賃収入総額が大きかった時に、この物件を大事にしていきたいと考えるのが普通ですが、他の物件と比較して経費がかさみ純利益率が悪いようであれば、対策を打つ必要があるでしょう。例えば、経費を削減する方法を考えたり、場合によっては投資効率が悪いということで売却を検討すべきかもしれません。そういった観点で経営をすることが大切になってくるでしょう。

江別市の賃貸は断熱効果が高い外壁で出来ている物件が多く、断熱性の高い物件を選ぶと光熱費を大幅に削減することが可能です。