マンションの価値は何で決まる?立地とサイズと管理がポイント

マンションの価値は立地が大切

新築マンションであれ中古マンションであれ、マンションを購入しようと思ったら、自分がどこでどんな生活をしたいかをイメージしながら物件を探すのが普通でしょう。しかし、その観点だけで購入を決めてしまうのはリスクがあるといえるでしょう。それが終の棲家ということであればそれでもいいですが、多くの場合、いつかは売却することになります。その時にものを言うのはマンションの立地です。建物の価値は下がっていきますが、土地の価値はその立地が握っているといえるかもしれません。

マンションの価値に影響がある部屋のサイズ

マンションを購入する時に必ずチェックするのが間取りと専有面積ではないでしょうか。自分達の家族構成と生活パターン等から十分な広さが確保できるか、間取りはフィットしているかをチェックして物件を選ぶのが普通でしょう。しかし、将来売却をする段階になった場合、あまり小さな専有面積の物件は思ったような価格がつかない可能性があると言われています。そのため、将来の売却時に損をしないためにも、あまり小さな専有面積の物件は避ける方がいいかもしれません。

マンションは管理を買えとも言われている

マンションを購入する場合、立地や建物のグレード、間取り等はしっかりチェックするはずですが、こういったハード面だけでなく、マンションの管理といったソフト面もしっかり確認する必要があるでしょう。マンションの管理が行き届いている物件は、住人のモラルも高く、定期的な修繕も計画的に行われるため資産価値が下がりにくいと言われています。マンション購入の際は、管理レベルをチェックすることも大切なポイントになるでしょう。

函館のマンションを探すポイントは今後の生活の拠点として便利な場所を選び、間取りや価格などを比較して決める方法が最適です。